北海道の観光
北の大地が誇る絶品のアスパラガス
June 8, 2020
2020.06.08 アスパラ02
この時期においしい、アスパラガス!特に北海道産のものは本州でも重宝され、おいしいと評判です。北海道のアスパラは全国でも1位を誇る収穫量で、道内では名寄や美瑛、富良野など上川地方を中心に多く栽培されています。では、アスパラに発祥の地があるって知っていましたか?実は、後志管内の岩内町なんです。岩内町出身の下田博士という方が、冷害に強いアスパラの栽培に成功し、1924年には「日本アスパラガス株式会社」を設立。本格的なアスパラの栽培が始まりました。・・・ということは、日本の地にアスパラが根付いてから、まだたった100年くらいしか経ってないということ。日本のアスパ…
北海道の観光
北海道ならでは?春紅葉:札幌
May 15, 2020
2020.05.15 01藻岩山
春紅葉という言葉を知っていますか?紅葉といえば秋のイメージの方がほとんどだと思いますが、実は春紅葉は、北海道含め北日本を中心に、しばしば聞かれる言葉でもあります。その名の通り、春の時期に、秋の紅葉のような色に染まった木々が見られること。秋の紅葉の仕組みは、簡単に説明すると秋になり気温が下がることによって光合成があまりできずに、葉っぱに栄養がいかなくなることで、クロロフィルという葉の緑色の色素が分解され、黄色や赤の色素が出てくることによって葉が赤や黄色になるのです。では、春紅葉の仕組みとは?これは、春の短い新緑の季節にだけ起きる現象で、光合成が本格的に働くよう…
北海道の観光
写真で楽しむ桜特集
May 13, 2020
2020.05.13 04函館(五稜郭)
立夏も過ぎ、暦の上での季節はもう夏。でも、北国である北海道にとってはまだ春本番、といったところでしょうか。道内では桜の開花・満開の便りも続々と届き、4月下旬から5月上旬にかけて一気に春めいたように感じます。桜といえば、ほとんどの地域で標本木にもなっているソメイヨシノが日本を代表する有名なものだと思いますが、その他にも日本では、ヒカンザクラ・ヤマザクラ・エゾヤマザクラ・ヤマザクラなど9種類が野生の桜として自生しています。・・・あれ、桜ってもっと種類が多くなかったっけ・・・?はい!そうなんです!9種類というのはあくまで野生の桜。日本では古くから品…
北海道の日本海側の海岸に沿って、南北に走るドライブコース。オロロンライン。天塩でチョット寄り道。天塩川を渡ると日本海と天塩川の間を進む道に風車が28基。ドローンを飛ばしました。北海道天塩郡幌延町にあるオトンルイ風力発電所の風車群。「オトンルイ」とは、アイヌの言葉で「浜にある道」という意味だそうです。
北海道の観光
幣舞橋の夕日
April 28, 2020
2020.04.28 釧路 幣舞橋
タイトルにもある「幣舞橋」読める方は生粋の道産子だと思います!答えは「ぬさまいばし」。名前を聞くと、ピンとくる方も多いかもしれません。「幣舞橋」は釧路地方の釧路市内にあるヨーロッパスタイルの橋で北海道三大名橋の1つ。(ちなみに、その他の2つは札幌の「豊平橋」旭川の「旭橋」です)初代は明治33年に誕生し、現在の橋は第5代目で、昭和51年に完成しました。この橋を含めた釧路川や釧路市内の風景は、四季折々の顔があり橋の上にはそれを示すかのように「春夏秋冬」それぞれをイメージするブロンズ像があります。日本で初めて橋の上に彫刻を持つ橋としても注目されました。釧路といえば…
北海道の観光
春のミズバショウ:北邦野草園
April 15, 2020
2020.04.15 北邦野草園
春の足音が聞こえ、北海道でもいよいよ桜の開花の時期が近づいてきました。道内の花々も次第に咲き始めています。前回はふきのとうをご紹介しましたが、今回はミズバショウにスポットをあててみたいと思います。ミズバショウは全国でも見ることのできる花で、童謡「夏の思い出」の歌詞にもあり、道民だけでなく国民にとってなじみの深い花となっています。「夏の思い出」の歌詞を読むと、夏に咲く花のようにイメージするかもしれませんが、実際は今まさに見頃を迎える春の花なのです。ミズバショウの多くは山の水辺や湿地などで見られ、一般的には4月に咲き始め、5月前半にかけて見頃が続きます。ミズ…
北海道の観光
春を告げるふきのとう
March 28, 2020
2020.03.28 札幌市 ふきのとう
春分の日も過ぎて3月も下旬に入り春の柔らかい日差しを感じられる日もだんだんと増えてきています。雪解けが進み、札幌の幹線道路の雪も消え、雪山も少しずつ小さくなってきましたね。春の訪れを感じるものは、天気や気温、動物、植物などたくさんありますが・・・今回は「ふきのとう」にスポットを当ててみたいと思います。本州では2月頃から顔を出すことも多いですが北海道のふきのとうは3月後半くらいから見られることが多くなっています。北海道では市街地でも比較的見つけやすいふきのとうですが特に見つかりやすいのは、田んぼの脇や河原など水気のある場所と言われています。とこ…
北海道の観光
北海道で会える雪の妖精
March 5, 2020
2020.03.05 シマエナガ02
ここ数年、SNSなどで話題になっている鳥をご存知でしょうか。「シマエナガ」という名前で、丸くてふわっとしたマスコットのような姿に魅了される人が多いのです。シマエナガは、エナガという鳥の北海道に生息する亜種です。エナガという鳥は、尾が長いということから名づけられ、本州などでも見ることができます。本州のエナガは目の上に黒く太い模様が入っていますが、北海道でみられるシマエナガはその模様がなく真っ白でつぶらな瞳が特徴的です。全長はおよそ14㎝ですが半分くらいが尾の長さなので体だけだと手のひらに乗るくらいの小さいかわいいサイズです。シマエナガは北海道全域に分布して…
北海道の観光
北海道の観光 氷濤まつり(支笏湖)
February 15, 2019
まさに「しばれる」ような厳しい寒さの中、支笏湖「氷濤まつり」に行ってきました。 1月~2月は道内の様々な地域で冬祭りが開催されていますが、中でも「氷濤まつり」は人気の高い冬の祭典です。 国内で2番目の深度を誇り、湖沼水質ランキングでは通算18回、全国1位に輝いている支笏湖。その水を吹き付けて凍らせて作ったオブジェが立ち並びます。 夜は様々な色でライトアップされ、昼とはまた違った顔を見せてくれます。北海道ならではの氷濤まつり、今年は2月17日(日)までの開催。 札幌からのアクセスも良いので、一度足を運んでみませんか?注)…
北海道の観光
<豊似湖>北海道幌泉郡えりも町目黒
October 26, 2018
「豊似湖」は豊似岳の子峰・観音岳の北東麓、標高260-270mに位置し、周囲は約1km。遊歩道もあり約30分位で1周することが出来る。猿留川源流部の流域内にあるが、直接の流入・流出河川はない内陸湖である。湖の形状が馬の蹄に似ていることから馬蹄湖とも、ハート形をしていることから「ハートレイク」とも呼ばれている。石屋製菓のテレビCMでハート形の湖として知られるようになった。深い樹林帯に囲まれており、湖の周辺にはエゾナキウサギが生息している。襟裳岬に通じる黄金道路(国道336号)から約10km林道伝いに車で接近が可能である。林道の終点にある公衆トイレから湖畔までは20…