北海道の観光
春を告げるふきのとう
March 28, 2020
2020.03.28 札幌市 ふきのとう
春分の日も過ぎて3月も下旬に入り春の柔らかい日差しを感じられる日もだんだんと増えてきています。雪解けが進み、札幌の幹線道路の雪も消え、雪山も少しずつ小さくなってきましたね。春の訪れを感じるものは、天気や気温、動物、植物などたくさんありますが・・・今回は「ふきのとう」にスポットを当ててみたいと思います。本州では2月頃から顔を出すことも多いですが北海道のふきのとうは3月後半くらいから見られることが多くなっています。北海道では市街地でも比較的見つけやすいふきのとうですが特に見つかりやすいのは、田んぼの脇や河原など水気のある場所と言われています。とこ…
2020.03.10 コロナ対策01
新型コロナウイルス対策について〜皆さまに安心してご利用いただくために〜いつも東邦交通をご利用いただき、誠にありがとうございます。新型肺炎コロナウィルスへの対策としまして弊社では、乗務員の出庫時・帰庫時には以下を徹底しています。・手洗い・手指用アルコールでの消毒・マスク着用(乗務中も含め)また、降車時には車両の換気、消毒液の散布を行っております。車両には定期的にオゾン発生装置による除菌や脱臭のほか、殺菌消毒剤の噴霧による殺菌を行っております。お客様1人1人安心してご利用いただけるよう努めて参ります。ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたします…
北海道の観光
北海道で会える雪の妖精
March 5, 2020
2020.03.05 シマエナガ02
ここ数年、SNSなどで話題になっている鳥をご存知でしょうか。「シマエナガ」という名前で、丸くてふわっとしたマスコットのような姿に魅了される人が多いのです。シマエナガは、エナガという鳥の北海道に生息する亜種です。エナガという鳥は、尾が長いということから名づけられ、本州などでも見ることができます。本州のエナガは目の上に黒く太い模様が入っていますが、北海道でみられるシマエナガはその模様がなく真っ白でつぶらな瞳が特徴的です。全長はおよそ14㎝ですが半分くらいが尾の長さなので体だけだと手のひらに乗るくらいの小さいかわいいサイズです。シマエナガは北海道全域に分布して…
2020.02.18 知床03
春を感じさせるような陽気になる日もあったかと思えば、真冬日に戻ったりと気温差の大きいここ最近ですが、北海道の冬イベントはまだまだたくさんあります。その中でも今回は「知床流氷フェス」をご紹介します!「流氷」という言葉はもちろん知っていると思いますが、知床半島が面するオホーツク海には毎年1月半ばになると流氷がやってきます。北海道は日本で唯一流氷が見られるだけではなく、世界で最も低い緯度で、流氷を見ることができる貴重なスポットなのです。実はこの「知床流氷フェス」は、2017年から始まったまだ新しいイベント。(以前は同時期に「知床ファンタジア・オーロラファン…
北海道の観光
道東の冬の祭典 彩凛華(音更町)
February 10, 2020
2020.02.10 十勝が丘公園
暦の上では立春も過ぎましたが、北海道ではまだまだ冬のイベントが目白押しです!そこで今回は、「彩凛華」というイベントをご紹介します。なんだか綺麗そうなイメージの言葉ですね!聞いたことがない方も多いかもしれません。「彩凛華」とは、おとふけ十勝川白鳥まつりで開催さる冬ならではのイベントで十勝川温泉に毎年飛来する白鳥に、ちなんで開催されるようになったお祭りです。ちなみに、飛来する数は 1000羽をこえるほどだそう!このお祭りは、「光と音のファンタジックショー」として冬の十勝川温泉を盛り上げる一大イベントとなっています。約600個もの三角錐の大小異なるオブジェ…
北海道の観光
冬の祭典、氷瀑まつり(層雲峡)
January 25, 2020
2020.01.25 層雲峡01
まず、タイトルの「氷瀑」…なんて読むかわからない方も多いのではないでしょうか。正解は、「ひょうばく」です。あまり聞きなじみがないかもしれませんが、氷瀑とは「滝が凍結する」ことを意味しています。ただ、今回ご紹介する「層雲峡温泉氷瀑まつり」は、滝が凍っているのを見られるものではありません。日本の滝百選にも選ばれた層雲峡の「流星の滝」「銀河の滝」。この2つが厳冬期になると凍ることから、氷瀑まつりという名前がつけられたと言われています。上川地方の層雲峡で毎年開催されるこのお祭りは、今年で45回目を迎え、「さっぽろ雪まつり」「旭川冬まつり」と並んで、北海道三大…
北海道の観光
約200年の伝統・寒中みそぎ祭り
January 6, 2020
2020.01.06 木古内町01
早いもので、2020年を迎えて数日が経ちました。札幌を含め道内では今シーズンの冬は、雪の少ない状態が続いていますが、北海道の冬といえば、やはり雪や氷、氷点下の気温などの寒さに関するイベントやお祭りがたくさんありますよね。今回はその中でも新年の1発目ということもあり、「寒中みそぎ祭り」をご紹介したいと思います。道南の木古内町で開催されるこのお祭りは、テレビ番組などでも特集されたりと、一度は聞いたことのある方が多いと思います。第1回目は1831年。非常に歴史の長い神事です。行修者と呼ばれる4人の若者が、1月13日~15日までの間に昼夜を問わず何度も真…
北海道の観光
函館のクリスマスオススメスポット
December 16, 2019
2019.12.16 函館01
根雪のシーズンとなり、季節はいよいよ冬本番。前回は札幌のクリスマスおすすめスポットをご紹介しましたが、12月はクリスマスシーズンということで・・・道内数あるスポットの中から、今回は「函館」をピックアップします!「はこだてクリスマスファンタジー」は、今年で22回目を迎えるイベントで2019年は11月30日から始まっています。この期間中は、函館港には海の上に大きなクリスマスツリーが姿を現し、赤レンガ倉庫などの灯りと一緒に冬ならではの風景を作り出してくれます。その高さ、なんと!20m!思わず見上げてしまうほどの大迫力です!!遠くからも探しやすいかもしれません(…
北海道の観光
冬の北海道はみどころいっぱい
December 6, 2019
12月に入り、季節はもう本格的な冬。北海道といえば、冬ならではのイベントが盛りだくさんですよね。中でも「さっぽろ雪まつり」は全国的にも有名で、毎年多くの観光客が訪れます。今回ご紹介するのはちょうどこの時期に開催されているイベント「さっぽろホワイトイルミネーション」です。今年で39回目を迎えるこのイベントですが、第1回となったのは1981年12月12日。わずか1048個の電球が1本の木に灯されたのが始まりです。以降、年を重ねるごとに電球の数が増え、開催場所も次第に広がっていきました。今では83万個もの電球が街を彩り、私たちを楽しませてくれます。また、同…
北海道の観光
ナナカマドの秘密
November 20, 2019
2019.11.20 札幌市内01
札幌でも白く積もった雪が見られるようになりいよいよ本格的な冬が近づいてきたんだ・・・と実感する今日この頃です。冬に近づくと、真っ赤な実をつけた「ナナカマド」を道内の至る所で見かけるようになります。北海道では見慣れた光景ですよね。それもそのはず、ナナカマドは旭川や釧路など24もの市や町の木に指定されており街路樹として植えられている姿もよく見かけます。花言葉は、『賢明』『慎重』『私はあなたを見守る』『安全』『用心』。このことから、交通事故がなくなることを祈って、街路樹として植えられたという説もあります。真冬でも赤い実をつけ、白い雪がこんもり積もったナナカマド…