2021.06.20 レバンガ_02
先日、レバンガ北海道の代表取締役社長、 折茂武彦さんがシーズン終了のご報告とご挨拶に来てくださいました。B.LEAGUE 2020-21シーズンを戦い抜いたレバンガ北海道。今シーズンは入場制限や声を出しての応援禁止など、いつもとは違った雰囲気でのシーズンになってしまいましたが、全力で戦う選手たちやスタッフの皆さんの姿を見て、私たちもたくさんの勇気をもらうことができました。ご挨拶に来てくださった折茂さんは、1993年に実業団に入り、2020年5月に現役引退するまで多くの時間をバスケットボール選手として走り続け、数々の実績を残した、まさにレジェンド!…
北海道の観光
北の幸・絶品のウニ(積丹)
June 8, 2021
2021.06.08 積丹01
 6月に入り、いよいよ北海道でも暑さを感じ始める時期となってきました。自然豊かな北海道は食材なども豊富にあり、全国的にも言わずと知れたグルメどころです。今回はその中でも、絶品の「ウニ」をご紹介します。北海道は、ウニの漁獲量日本一を誇り、全国シェアはおよそ6割といわれています。札幌近郊で新鮮なウニを食べるとなると、思い浮かぶのは積丹という方が大半なはず。積丹半島は、札幌から車でおよそ2時間の位置にあります。小樽方面へ行き、そのまま奥へ行くと積丹、というイメージです。今年の積丹は6月1日からすでにウニ漁が解禁され、8月にかけて旬のウニを堪能することが…
北海道の観光
色鮮やかなチューリップ:湧別
May 26, 2021
2021.05.26 湧別01
  5月も下旬に入り、初夏の陽気となる日もいよいよ増えてきました。この時期の北海道は花の季節でもありますが、今回はその中でも今まさに見頃を迎えている「かみゆうべつチューリップ公園」についてご紹介します。オホーツク管内の湧別町は、チューリップのまちとしても知られています。「かみゆうべつチューリップ公園」では、毎年この時期になるとおよそ200種類70万本ものチューリップが色鮮やかに咲き誇ります。毎年、植えるチューリップのデザインを変えているそうなので、何度行っても違う景色が楽しめるようになっているようです。また、開花の時期に合わせて「チューリップフェア」…
北海道の観光
色鮮やかなつつじ:恵山つつじ公園
May 9, 2021
2021.05.09 恵山つつじ公園01
 花の季節とも言われる5月。北海道でも桜をはじめ、たくさんの花たちが色鮮やかに咲き、季節の歩みを知らせてくれています。今回ご紹介するのは、渡島管内の恵山つつじ公園で毎年開催される「恵山つつじまつり」です。つつじといえば、日本では古くから栽培され、馴染みのある花の1つです。日本にはおよそ40~50種類が自生しており、その他にも園芸種が多くあります。「恵山つつじまつり」が開催される恵山つつじ公園は、函館市街地から車でおよそ1時間の場所にあります。標高618mの恵山は活火山で、今でも噴気を上げる姿を見ることができます。山登りのスポットとしても人気です。…
北海道の観光
道内では早咲きの桜:松前公園
April 21, 2021
2021.04.21 松前公園01
 4月16日、渡島管内の松前で桜の開花が発表されました。今年は全国で記録的に開花や満開が早くなっていますが、松前でも1982年の観測開始以来、最も早い開花となりました。いよいよ北海道にも桜前線が到達しましたが、このあとも気温は平年並みか高めに経過するということで、その他の地域でも開花宣言も、いつもより早めとなるかもしれません。松前を含む道南は道内でも平均気温が高めの地域で、毎年札幌など他の地域より早く咲き始める傾向があります。今回はそんな道南の桜スポット、松前公園をご紹介します。渡島管内松前町は、「日本最北の城下町」としても知られ、特にこの松…
北海道の観光
青空に舞う鯉のぼり:定山渓
April 12, 2021
2021.04.12 定山渓02
  雪解けも進み、北海道でも春の陽気となる日が増えてきました。春らしいイベントとして今回ご紹介するのは、定山渓温泉「渓流鯉のぼり」です。今年で35回目を迎える「渓流鯉のぼり」は、毎年4月から5月にかけて行われ、定山渓温泉の空にたくさんの鯉のぼりが風に揺られて泳ぐ姿を見られる、この時期ならではのイベントです。鯉のぼりの数は例年およそ400匹。大きさも色もさまざまですが、その理由は、家庭や職場などで不要になった鯉のぼりの提供を募集しているからなんです。今年の鯉のぼりの募集はもう終了してしまいましたが、毎年3月には不要になった鯉のぼりの募集を行うので、来年…
北海道の観光
栄華を誇ったにしん御殿:小樽
March 25, 2021
2021.03.25 にしん御殿
北海道にも春の足音がだんだんと近づき、長かった冬も終わりを迎えています。この時期にスーパーにたくさん並ぶニシンは、「春告魚」という別名もあり私たちに春の訪れを教えてくれます。(北海道では当たり前のように春告魚=ニシンですが、本州などでは春告魚はメバルのことを指すんだとか!)ニシンと言えば石狩湾・小樽を思い浮かべる方も多いはず。今回はそんなニシンと関係が深い、ある建造物をご紹介します。「小樽貴賓館・旧青山別邸」です。かつての北海道はニシン漁がたいへん盛んで、1897年には100万トン近い漁獲量を誇りました。「旧青山別邸」は、ニシン漁が全盛期だっ…
北海道の観光
春を告げる福寿草
March 9, 2021
20210308 福寿草
3月に入り、明るい時間帯もだんだん長くなってきました。北海道はまだまだ寒い日が多く、雪の残る所もありますが、その中でふと春を感じることもありますよね。今日はそんな春の足音とともにやってくる、「福寿草」をご紹介します。福寿草は、遠くから見るとタンポポかな・・・?と思うような黄色く、かわいらしい見た目をしています。「福寿草」となんとも縁起がいい名前ですが、別名で「元日草」とも呼ばれています。これは旧暦の元日の頃に咲いていたことから、江戸時代から新年を祝うめでたい花として親しまれてきたことに由来します。花言葉は「幸福」「幸せを招く」「回想」「悲しき思い…
北海道の観光
北海道の冬の味覚!絶品の「たち」
February 22, 2021
2021.02.22 たち01
 北海道で「たち」と聞けば、ピンとくる方が多いはず。でも実はこれ、北海道ならではの呼び方で、一般的には「白子」といいます。(ちなみに、マダラの白子は「真だち」、スケソウダラの白子を「すけだち」と呼び分けています)全国的に呼び名はさまざまで、例えば秋田などでは「ダダミ」、宮城では「きく」京都では「雲子」など・・・。北海道民のわたしとしては、たち以外聞いたことがありませんでした笑「たち」とはタラの精巣のことをいい、北海道では冬の味覚としてとても人気です。見た目が少し(かなり?)グロテスクなので、遠ざけている方ももしかしたら多いかもしれませんが、食べてみる…
北海道の観光
氷上のわかさぎ釣り体験
February 12, 2021
2021.02.12 わかさぎ02
  立春を過ぎ、暦の上ではもう春ですが、北海道はまだまだ氷点下の寒い日が続き、雪の降る日も多くなっています。これまで、いくつもの冬ならではのアクティビティをご紹介してきましたが今回ご紹介するのは「わかさぎ釣り」です!やったことがない方でも、テレビなどで見たことがあるという方は多いはず。・・・ところで、「わかさぎ」って漢字でどう書くかご存じですか?正解は「公魚」です。(それ以外にも「鰙」などがあるそうです)なぜ「公」・・・?と思う方が多いかもしれませんが、これにはちゃんとした由来があります。江戸時代、麻生藩の藩主が徳川将軍に焼きわかさぎを献…