北海道の観光
青空に舞う鯉のぼり:定山渓
April 12, 2021
2021.04.12 定山渓02
  雪解けも進み、北海道でも春の陽気となる日が増えてきました。春らしいイベントとして今回ご紹介するのは、定山渓温泉「渓流鯉のぼり」です。今年で35回目を迎える「渓流鯉のぼり」は、毎年4月から5月にかけて行われ、定山渓温泉の空にたくさんの鯉のぼりが風に揺られて泳ぐ姿を見られる、この時期ならではのイベントです。鯉のぼりの数は例年およそ400匹。大きさも色もさまざまですが、その理由は、家庭や職場などで不要になった鯉のぼりの提供を募集しているからなんです。今年の鯉のぼりの募集はもう終了してしまいましたが、毎年3月には不要になった鯉のぼりの募集を行うので、来年…
北海道の観光
栄華を誇ったにしん御殿:小樽
March 25, 2021
2021.03.25 にしん御殿
北海道にも春の足音がだんだんと近づき、長かった冬も終わりを迎えています。この時期にスーパーにたくさん並ぶニシンは、「春告魚」という別名もあり私たちに春の訪れを教えてくれます。(北海道では当たり前のように春告魚=ニシンですが、本州などでは春告魚はメバルのことを指すんだとか!)ニシンと言えば石狩湾・小樽を思い浮かべる方も多いはず。今回はそんなニシンと関係が深い、ある建造物をご紹介します。「小樽貴賓館・旧青山別邸」です。かつての北海道はニシン漁がたいへん盛んで、1897年には100万トン近い漁獲量を誇りました。「旧青山別邸」は、ニシン漁が全盛期だっ…
北海道の観光
春を告げる福寿草
March 9, 2021
20210308 福寿草
3月に入り、明るい時間帯もだんだん長くなってきました。北海道はまだまだ寒い日が多く、雪の残る所もありますが、その中でふと春を感じることもありますよね。今日はそんな春の足音とともにやってくる、「福寿草」をご紹介します。福寿草は、遠くから見るとタンポポかな・・・?と思うような黄色く、かわいらしい見た目をしています。「福寿草」となんとも縁起がいい名前ですが、別名で「元日草」とも呼ばれています。これは旧暦の元日の頃に咲いていたことから、江戸時代から新年を祝うめでたい花として親しまれてきたことに由来します。花言葉は「幸福」「幸せを招く」「回想」「悲しき思い…
北海道の観光
北海道の冬の味覚!絶品の「たち」
February 22, 2021
2021.02.22 たち01
 北海道で「たち」と聞けば、ピンとくる方が多いはず。でも実はこれ、北海道ならではの呼び方で、一般的には「白子」といいます。(ちなみに、マダラの白子は「真だち」、スケソウダラの白子を「すけだち」と呼び分けています)全国的に呼び名はさまざまで、例えば秋田などでは「ダダミ」、宮城では「きく」京都では「雲子」など・・・。北海道民のわたしとしては、たち以外聞いたことがありませんでした笑「たち」とはタラの精巣のことをいい、北海道では冬の味覚としてとても人気です。見た目が少し(かなり?)グロテスクなので、遠ざけている方ももしかしたら多いかもしれませんが、食べてみる…
北海道の観光
氷上のわかさぎ釣り体験
February 12, 2021
2021.02.12 わかさぎ02
  立春を過ぎ、暦の上ではもう春ですが、北海道はまだまだ氷点下の寒い日が続き、雪の降る日も多くなっています。これまで、いくつもの冬ならではのアクティビティをご紹介してきましたが今回ご紹介するのは「わかさぎ釣り」です!やったことがない方でも、テレビなどで見たことがあるという方は多いはず。・・・ところで、「わかさぎ」って漢字でどう書くかご存じですか?正解は「公魚」です。(それ以外にも「鰙」などがあるそうです)なぜ「公」・・・?と思う方が多いかもしれませんが、これにはちゃんとした由来があります。江戸時代、麻生藩の藩主が徳川将軍に焼きわかさぎを献…
北海道の観光
幸運!?奇跡のサンピラー(名寄)
January 26, 2021
2021.01.26 サンピラー
突然ですが、「サンピラー」を見たことって、ありますか?そもそもサンピラーって?と思う方も少なくないかもしれません。サンピラーは太陽柱ともいい、まるで太陽から光の柱がのびてきているように見える自然現象です。その仕組みは、ダイヤモンドダスト(空気中の水蒸気が細かい氷の結晶になり、キラキラ輝いて漂う現象)に日が当たって、太陽が上下にのびて光の柱のように見える、というもの。サンピラーを見るには、いくつかの条件があります。①厳冬期(特に1~2月)であること②朝方or夕方③気温がおよそ-15度以下④風が弱い⑤晴れているこうして並べてみると、結構細…
北海道の観光
大雪原を駆ける!犬ぞり
January 12, 2021
2021.01.12 犬ぞり
寒の入りも過ぎて、北海道でもいよいよ真冬と呼べる時期に入ってきました。北海道では冬にしかできないアクティビティがたくさんありますが、今日ご紹介する「犬ぞり」は、その中でも貴重な体験になること間違いなし!です。そもそも犬ぞりは昔、生活手段として雪の多い地域で利用されており、その起源は4千年ほど前に北極圏に住むイヌイットから始まったという説や、モンゴルでは3万年以上前から存在していたという説もあります。日本では、1956年頃に南極観測隊が結成された際に、初めて犬ぞりが使用されたといわれています。タロとジロ、と聞けばわかる方もかなり多いはず。犬ぞり…
2021.01.03 フロストフラワー
冬にしか見られない風景というのは、たくさんあります。特に北海道は日本の中でも四季がハッキリしており、冬は北国ならではの「絶景」を見られるスポットが多くあります。今回は、その中でも「フロストフラワー」をご紹介します。道内に長く住んでいても、実物は見たことがない・・・という人が多いのではないでしょうか。(実は私も写真でしか見たことがありません・・・)フロストフラワーは、「冬の華」「霜の花」とも呼ばれています。凍った湖の上で水蒸気が結晶する現象のことを言い、その姿がまるで花のように見えるのです。実はこの現象、かなり珍しいもので、いつでも見られるとい…
北海道の観光
世界的にも珍しいモールの湯(十勝)
December 10, 2020
2020.12.10 十勝川温泉01
 12月に入り、だんだんと雪景色も見慣れてきた頃。春夏秋冬楽しめますが、特に冬になると入りたくなるもの、それは「温泉」です。冬の寒い日には冷えた体を温め、身も心もポカポカになりたいものですよね。北海道にも温泉スポットはたくさんあり、以前は登別温泉をご紹介しましたが今回は十勝川温泉の「モール温泉」をピックアップします。「モール温泉」って、あまり聞きなじみがないかもしれません。簡単に言うととても貴重な「植物性の温泉」です。(一般的な温泉は鉱物性が多いです。)葦などの植物がはるか昔から長い長い時間をかけて蓄積し出来上がった亜炭層を通って湧き出る温泉のこ…
北海道の観光
五稜星の夢:函館
November 25, 2020
2020.11.25 五稜郭
11月も下旬に入り、本格的な冬はもう間近。札幌の大通公園でもホワイトイルミネーションが始まったたり、全道各地でイルミネーションが点灯されるなど、夜にキレイな明かりが灯される時期になってきました。北海道に数あるイルミネーションスポットの中で、今回は函館の五稜郭を紹介したいと思います。五稜郭といえば、道内でも有名な観光スポットの1つで、桜の季節には絶景を見ることができたりタワーに登って函館市を一望したりと、1年を通して多くの観光客でにぎわう場所です。その中で例年12月1日頃から2月にかけては「五稜星の夢(ほしのゆめ)」という名前でロングランでのライト…