北海道の観光

羅臼の春間近

March 19, 2019

暦の上ではすでに春ですが、北海道ではまだまだ冬景色も残っています。
そんな中、今回ご紹介するのは流氷です。

北海道の流氷は、北半球の中では最も南で見ることができ、
世界的にも限られた地域でしか見ることができません。
運が良ければ海岸沿いから肉眼で見られますが、流氷シーズンには
沖合いまで観光船が出ており、間近で楽しむことができるのです。

さらに、高確率でオジロワシやオオワシに出会えます。
渡り鳥としてこの時期に北海道にやってきていることが多く、その体長は翼を広げると2m以上。
オホーツクの空の覇者をその目で見ることができるのは、まさに大迫力です。

野生のアザラシなどに出会えることだってあります。
北海道ならではの流氷、ぜひ足を運んでみてください。

残念ながら、北海道の今年の流氷シーズンはそろそろ終わりを迎えてしまいますが、
来年以降の旅行の計画を今から立てるのも楽しみの1つになりますね♪

撮影日:2019年3月6日 撮影場所:羅臼

2019.03.19 羅臼01

2019.03.19 羅臼02

2019.03.19 羅臼03