北海道の観光

夏を彩るお祭りと花火大会:網走

July 12, 2022

22022.07.12 網走

夏といえば、というテーマで浮かんでくるもののはたくさんありますが、中でも「夏祭り」「花火」は、代表的なものだと思います。
北海道でも7月に入って、(すでに開催された地域もありますが)これから花火大会が開催されるという地域が多くなっていますね。

そんな花火大会が開催される中から、今回は「あばしりオホーツク夏まつり」をご紹介します!
網走管内網走市の道の駅「流氷街道網走」や市内の通りを歩行者天国にして行われる大規模なお祭りです。
今年で第74回目になるという長い歴史もあるイベントですが、2021年と2020年は新型コロナウイルスの影響で残念ながら中止になってしまったので、今年2022年は3年ぶりの開催ということになります。

花火大会は例年最終日に開催され、およそ4000発もの花火が網走の夜空に打ち上げられます。
約1時間に渡って打ち上げられる花火は、例年3部構成になっており、音楽に合わせて打ち上げたり、数か所から一斉に打ち上げるワイドスターマインがあったりと、見に来た人々を飽きさせないような工夫がされています。
オホーツクの夜空を彩る大迫力の花火に、思わず「たまや~!」と叫びたくなるはず。笑

なお、この花火大会では有料観覧席を設けていません。
海岸沿いで打ち上げられるので、ビルなどに邪魔されることもなく、しっかりと見ることができるのも特徴です。
自分なりのビューポイントを探してみるのも良いかもしれませんね。

花火の他にも、開会式の日に行われる前夜祭や約1000人の市民が流氷音頭に合わせて商店街を練り歩く「流氷おどり」、夕市まつりなど様々なイベントが催されます。
さらに、迫力満点の和太鼓の演奏があったり、網走出身の演歌歌手・走り裕介さんが特別ゲストとして来場し、生歌を披露する時間もあるそう。
目白押しのイベントが盛りだくさんの3日間となります。

そんな「あばしりオホーツク夏まつり」は例年7月下旬に開催され、今年は7月21日~23日にかけて行われます。
夏ならではのイベントに、ぜひ足を運んでみては。