北海道の観光

一面に広がる菜の花畑:滝川

May 20, 2022

2022.05.20 滝川

北海道では桜の季節も過ぎ、草木や花がぐんぐんと育ってきている時期になっていますね。
5月の北海道で、おすすめの花スポットは?と聞かれると、選択肢が多すぎて迷うところではありますが、今回はその中からまさにこの時期が見頃の「菜の花畑」をご紹介します。

実は菜の花畑を見ることができるスポットは、道内でも数か所あります。
その中でも今回は、比較的札幌からのアクセスもしやすい、滝川市の菜の花をご紹介します。
(滝川市は空知管内にあり、札幌市と旭川市のちょうど間くらいに位置しています。)
滝川市では、30年ほど前から菜種の栽培が盛んになり、今では日本有数の作付面積を誇っています。
その風景を見ようと毎年多くの方が訪れるそうです。
例年5月中旬~6月上旬頃には開花の時期を迎え、市内には菜の花の黄色いじゅうたんが一面に広がります。
特に晴れた日に行くと、真っ青な空と菜の花畑の黄色が見事な色合いで、夏の始まりを実感できるような絶景を見ることができます!
黄色い景色とともに自分や家族、友人を入れて写真を撮ったり、一面の菜の花畑をレンズいっぱいに映したりすると、まさに”映え”る写真になること、間違いなしです!

また、2022年は5月21日から29日にかけて「たきかわ菜の花まつり」が開催されます。
2020、2021年は残念ながら中止となってしまったので、今年は待望の3年ぶりの開催となりました。
このイベントでは、菜の花畑の会場に展望台を設置し、見渡す限りの菜の花の景色を楽しめるほか、滝川市でとれた食材や菜の花を使用したグルメフェアが行われたりするそうです。
2022年は感染対策として、テイクアウトが専門のグルメフェスタとなっており、飲食スペースはないため、持ち帰って写真を見ながら楽しんだり、車内で食べたりすると良いかもしれませんね。

菜の花畑の見頃は例年5月中旬から6月上旬にかけてですが、今年の春は気温が平年より高かったため、いつもよりも早く見頃を迎えた分、終わってしまうのも少し早いかもしれません。
見に行く際は感染対策を万全に行った上で、菜の花の最新の情報を確認してみるとよさそうです。
この時期にしか見ることのできない、一面に広がる黄色い花々をぜひ見に行ってみては。