北海道の観光

冬に見られるブルー:ゆき物語(小樽・余市)

November 16, 2021

2021.11.16 余市

いよいよ北海道でも雪の積もり始める所が出てきて、本格的な冬が近づいてきているのを感じます。
冬の北海道といえば、雪国ならではのイベントがたくさんありますが、
今日ご紹介するのは「小樽ゆき物語・余市ゆき物語」です。

例年11月から始まるこのイベントは、翌年の2月までというロングランで開催されます。
小樽運河周辺ではイルミネーションなどがこのイベントのために装飾され、
小樽の街を幻想的な風景にしてくれます。
小樽運河の浅草橋から中央橋にかけては、青色のLEDが装飾されますが、
その数なんとおよそ1万個!北海道にはさまざまな”ブルー”で有名なスポットがありますが、
ここ小樽でも、この時期ならではのブルーを見ることができます。

さらにこのイベントの期間中は、運河クルーズの船も青色の装飾が施され、
夜の運河に浮かぶ姿は時間を忘れてしまうほど。
クルーズ船には乗ることもできるので、ぜひ小樽運河を周遊してみてください。
運河から見る小樽の街並みは、また違った景色を私たちに見せてくれそうです。

また、「硝子の街」とも呼ばれる小樽ですが、
そんな名前にふさわしいワイングラスタワーも飾られます。
約2000個ものワイングラスを使用したオブジェで、ライトアップされたその姿は
非常に迫力があり、グラス1つ1つが輝いて見えるのです。
写真スポットとしても毎年人気だそうで、運河の道路を挟んで反対側、
運河プラザという場所にあるので、この機会に訪れてみてはいかが。

実はこのイベント、小樽だけにとどまりません。
お隣の余市でも、JR余市駅の駅前には大きな木にイルミネーションが施されます。
これは「琥珀色の夢」と呼ばれていますが、なんと特産であるウイスキーを
イメージした色だそうです!
綺麗なイルミネーションを見ているとなんだかほっこりした気持ちになりますが、
その余韻を残したまま家でウイスキーを一口…と、大人の楽しみ方もできるかもしれません。

小樽の青、余市の琥珀色…。
地域それぞれのイルミネーションを、ぜひこの機会に楽しんでみてください。