北海道の観光

まだまだ続く紅葉シリーズ:支笏湖

October 19, 2021

2021.10.19 支笏湖01 2021.10.19 支笏湖02

雪虫を見た!という声を聞いたり、天気予報で雪マークがつきはじめたりと、
雪の話題も出てきており、そろそろ秋から冬へと季節が移り変わり始める北海道。

そんな道内ですが、まだまだ紅葉を楽しめる所は多くあります!
今回ご紹介するのは、支笏湖です。

札幌から車で約1時間~1時間半、千歳からだと1時間以内で着けるという、
割とアクセスの良い場所にあることもあってか、秋だけでなく、
どの時期でも観光スポットとして例年たくさんの人が訪れています。

秋のこの時期は、ナナカマドやヤマモミジ、イタヤカエデなど
たくさんの木々が黄色や赤に染まり、湖の周辺を鮮やかに彩っています。
車で支笏湖の周りをぐるっとしながら紅葉を楽しむのもアリですが、天気の良い日には
周辺を歩きながら秋を感じる、というのもいいかもしれません。
遊覧船が定期的に出ているので、湖からの雄大な景色を見るというのも楽しそうですね。

また、支笏湖には温泉もあります。
湖のほとりには温泉宿が連なり、紅葉と温泉という風情ある時間を堪能することができます。
寒くなってきたこの時期にはぴったりですよね。
もちろん、日帰り温泉もOKな所もありますよ!

なお、例年であれば10月に「支笏湖紅葉まつり」が開催され、
キノコや支笏湖チップ(ヒメマス)など秋の味覚と湖を存分に味わうことができるのですが…
ここ最近は残念ながらコロナウイルスの影響で中止となってしまっているようです…。
来年こそはイベントの復活を願いましょう!

例年の見頃は10月上旬から中旬にかけてですが、今年の10月は前半の気温が高めだったので、
もしかしたらいつもよりも紅葉を長めに楽しめるかもしれません。
この時期ならではの湖の澄んだ青と、赤や黄色の紅葉とのコントラストをぜひ、堪能してください。