北海道の観光

氷上のわかさぎ釣り体験

February 12, 2021

2021.02.12 わかさぎ01 2021.02.12 わかさぎ02 2021.02.12 わかさぎ03

立春を過ぎ、暦の上ではもう春ですが、
北海道はまだまだ氷点下の寒い日が続き、雪の降る日も多くなっています。

これまで、いくつもの冬ならではのアクティビティをご紹介してきましたが
今回ご紹介するのは「わかさぎ釣り」です!
やったことがない方でも、テレビなどで見たことがあるという方は多いはず。

・・・ところで、「わかさぎ」って漢字でどう書くかご存じですか?

正解は「公魚」です。(それ以外にも「鰙」などがあるそうです)
なぜ「公」・・・?と思う方が多いかもしれませんが、これにはちゃんとした由来があります。

江戸時代、麻生藩の藩主が徳川将軍に焼きわかさぎを献上すると、将軍が大変気に入り、
将軍家御用達の魚、つまり御公儀の魚ということから「公魚」になったと言われています。
なんだか少し高貴な魚に思えてきましたね!

わかさぎ釣りは、道内でもさまざまなスポットで体験することができますが、
札幌近郊で楽しみたい場合は、「新篠津村」がおすすめの場所の一つです。
こちらでは、3月上旬までわかさぎ釣りを楽しむことができます。
釣り竿やエサを持っていなくても、現地で借りることができるので初心者の方にもおすすめ。
また、行きたいけど寒いのがどうしても苦手・・・とか、子供と楽しみたい!という方は
屋根つきの暖かい小屋を借りることができるので、その点も安心です!

釣ったわかさぎはその場で調理して食べることができたり、隣接しているレストランなどでも
すぐに調理してくれる場合も多くあります。
ウロコがほとんどなく、丸ごと調理できるのも嬉しいポイントですよね!
自分で釣った魚をその場で食べられるのは、いつもとまた違ったおいしさがありそうです。
また、わかさぎは栄養価が高く、特にカルシウムは魚介類の中でもトップクラスといえるほど!
冬のアクティビティを楽しみつつ、栄養を取れるなんて、いいことづくしです。

なお、わかさぎ釣りは、だいたい1月~3月中旬から下旬頃にかけて体験できます。
釣り場所によっては2月までという所も。
体験に行く際は、近くの釣りスポットの開催期間を調べてから行くとよさそうです。

ただ、わかさぎの旬は厳冬期の1~2月頃。
長時間外にいることになるので、防寒対策はしっかりと行って、
風邪などひかないように注意してください!