北海道の観光

北の大地が誇る絶品のアスパラガス

June 8, 2020

この時期においしい、アスパラガス!
特に北海道産のものは本州でも重宝され、おいしいと評判です。
北海道のアスパラは全国でも1位を誇る収穫量で、道内では
名寄や美瑛、富良野など上川地方を中心に多く栽培されています。

では、アスパラに発祥の地があるって知っていましたか?実は、後志管内の岩内町なんです。
岩内町出身の下田博士という方が、冷害に強いアスパラの栽培に成功し、
1924年には「日本アスパラガス株式会社」を設立。本格的なアスパラの栽培が始まりました。

・・・ということは、日本の地にアスパラが根付いてから、
まだたった100年くらいしか経ってないということ。日本のアスパラ史はまだ浅いんですね。
ただ、アスパラ自体の歴史は深く、もとはヨーロッパが原産国。
アスパラの歴史が始まったのは、紀元前2000年頃と言われています(!?)

ちなみに、岩内町にはアスパラガス発祥の地、という記念碑もあります。
立ち寄った際はぜひ探してみてください!

アスパラの主な栄養素はアスパラギン酸。
アミノ酸の一種で、疲労回復やスタミナ増進などに効果があるそうです。
その他にもビタミン類や食物繊維など、豊富な栄養素が含まれています。
アスパラと言えば様々な調理方法がありますが、ここで嬉しい情報を1つ。
野菜って茹でると栄養がなくなってしまう、という話を1度は聞いたことがあるはず。
でも、アスパラは茹でてもあまり栄養分が出ていかないという特徴があるんです!
これで安心して塩茹でを楽しめますね。(笑)

塩茹でだけではなく、豪快にまるごと焼いたり、ベーコンと一緒にバターで痛めたりと、
色んな食べ方があります。写真にあるように、先日、キッシュにして食べたら
香りが高く美味しかったので、ぜひ試してみてください。

アスパラの旬は一般に、5月から6月と言われています。
旬のものを食べると、免疫力がアップするという話も有名ですよね。
北の大地が誇る旬で美味しいアスパラを、ぜひ堪能してください。

撮影日:5月下旬頃

2020.06.08 アスパラ01 2020.06.08 アスパラ02